北小倉こひつじ保育園
保育の内容
保育の理念

子どものいのちは、そのままで貴く、人として愛されて生きることはとても重要なことである。
 北小倉こひつじ保育園は、「隣人を自分のように愛しなさい」「私たちは互いに愛し合うべきである。私たちは言葉や口先だけで愛するのでなく、行いと真実をもって愛し合おうではないか」とのキリストのお言葉を基として、幼な子の心身を健全に発達させ、豊かな人間性をめざして保育に努めます。
 その願いは、子どもの最善の利益を無条件で与えることにある。

保育の基本方針

  • 家庭や地域社会と連携を図り、保護者の協力の下に家庭教育の補完を行う。
  • 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。
  • 養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成する。
  • 地域における子育て支援のために、乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言するなどの社会的役割を果たす。

保育の目標

北小倉こひつじ保育園の保育を簡潔に表現すれば・・・

乳児保育

子どもの心身の成長、発達は、一人ひとり、また月齢によって大きく異なります。子どもは、大人によって生命が守られ、愛され、信頼されることによって、自分も他人を愛し信頼する人に成長します。個人差、発達差を考慮しながら依存欲求を満たし情緒の安定を図るように、心をこめて保育します。

幼児保育
キリスト教保育指針に基づいて、総合的にあそびが経験できるように配慮し、保育課程のもとに年間指導計画、月案、週案、日案、個人記録を生かしながら、保育の内容の充実に努める。
 子ども達一人ひとりを温かく受容し、適切な保護、世話を行い、子どもが安定感と信頼感を持って活動できるように、また自発的、意欲的に遊び回れるような環境を構成して、主体的な活動を大切にし、幼児期にふさわしい体験が得られるよう、総合的に保育をする。

障害児保育
障害のある子どもに豊かな保育を保証することは当然であります。障害児保育については、障害者施設「同胞の家」と連携を取りながら情熱と研究を深めつつ実践しています。

地域子育て支援
「地域の子ども達の豊かな発達」を願い、育児センターとしての役割を担っています。「育児について、言葉の遅れ、離乳食づくり」などの相談を行なっております。

一時保育事業

食育
本園卒業児を対象に小学3年生までの児童の放課後保育をしています。夏遠足、一泊キャンプ、冬遠足、雪あそび、クッキングなどの行事があります。

食育
子どもが心身ともに健やかに育つためには、「食事をおいしくいただく」ことは大切なことです。当園では給食を「食育」 と捉えて薄味を基本に食事づくりに励み、“給食は楽しくいただく”を目ざしています。
当園では、子どもの健康、発育を考慮して且つよりよい食生活を期すべく完全給食を行っています。乳児食についても、ふさわしい献立をつくり、心をこめたバランスの良い給食作りに努めています。
冷凍食品などは、ほとんど使用しない手作りの給食は大変喜ばれています。また、アレルギー児童等への除去食については、医師や保護者と相談しながら適切に対処しています。また、自分たちで育てた野菜を収穫し、クッキングをしています。

北小倉こひつじ保育園